縦型マウスを女性の私が使ってみた!手が小さくても大丈夫?【腱鞘炎】

周辺機器

一日6時間以上はパソコンの前で作業をしている私ですが、とうとうやってしまいました…。

それが何かと言うと…。

 

み、右手が腱鞘炎で痛い…!

そうなんです。

ブログや動画編集をしていると意外と使っている右手(利き手)のマウス操作。

細かな動きが多いマウスは、自分に合っていないものを使い続けると腱鞘炎になってしまう可能性があります…。

今までいろいろなマウスを電器屋さんで触ってきましたが、ゲーミングマウスとなると、

 

・サイズが大きすぎて手の小さい女性は使えない

ということが多々ありました。

そこで思い立ったのが、「縦型マウス」です(*´ω`*)

 

縦型マウス

こんな感じのいかにも「銘菓ひよこ」のようなフォルム。

今回は店頭に置いておらず試すことができなかったので、価格帯が安い縦型マウスを思い切って購入してみました!

手の小さい女性でも使えるのか、レポートしていきたいと思います!!

 

(購入した縦型マウスが以下の商品となります)

 

スポンサーリンク

縦型マウスの特徴とは?

縦型マウスの特徴

商品が到着して、開封直後の私の感想…。

 

ヤバい…。でかい。

ですが実際に使ってみて思ったのが、

・手首が痛くない!!

そうなんです。

縦型マウスの大きな特徴の一つが、平置きタイプ(通常のマウス)よりも手首が疲れないということなんですね!

 

 

エルゴノミクスマウスって一体なんだ?

パソコンの周辺機器を探していたりすると良く聞く「エルゴノミクス」と言う言葉。

これは「 人間工学 」と同じ意味があり、人間本来の身体が持つ使いやすさを考えて作られた商品ということになります。

だから普通のマウスと比べて手首が痛くならず、軽い力で使い続けることができるわけですね♪

 

縦型マウスのメリット

縦型マウスのメリットについてご紹介すると、何度も書いているように「人間工学」に基づいて作られた商品が多いため、

・手首が疲れない
・軽い力で操作ができる

というメリットがあります。

個人的な所感ですが、ゲームセンターのアーケード機のスティックを使っているような感じで、直観的に操作ができる気がします。

 

縦型マウスのデメリット

縦型マウスのデメリット

縦型マウスのデメリットですが、私のような手が小さい女性が感じる問題だと思います。

 

・サイズが大きいのでボタンが届かない

今回購入した縦型マウスはゲーミングマウスとしても使えるもので、6個のボタンがついています。

① 左クリック
② 右クリック
③ スクロール
④ 進む
⑤ 戻る
⑥ DPI(マウスの動き)

はい。

DPIボタン(画像の親指の先にある丸いボタン)が届きません…。

 

でも…。

DPIボタンはそんなに押すボタンでもないので、届かなくても通常の使用には全く問題はありませんでした♪

また、男性が使う分にはまったく問題ないかと思います!

クリックする部分はこんな感じになります

クリックする部分はこんな感じになります

クリックボタンはこんな感じで十分に届くので全く問題なし!

持ち方が違うとはいえ、操作は同じなので違和感なく使うことができました。

 

縦型のゲーミングマウスを使って腱鞘炎はどうなったのか

クリック部分

実際に初めて縦型マウスを使ってみましたが、サイズが大きいので持ち運びには適していませんが、自宅でゆっくりとパソコンで作業をしたり長時間のゲームをするにはかなりおすすめです!

私も腱鞘炎も痛みが引いていき、このマウスなしでは作業ができなくなってしまいました(*´ω`*)

今ではすっかり痛みを感じなくなりましたよ!(個人差があるかと思いますが…)

同じ腱鞘炎や手首が痛いと感じている方にはおすすめで、尚且つ低価格な商品となりますのでぜひチェックしてみてくださいね♪